薄毛と帽子の関係性を考え、今年の夏を楽しく

梅雨に入り、蒸し暑い時期になりました。じめじめとした毎日が続きますが、梅雨が終わると夏本番です。
夏と言えば女性が一番気にするのは紫外線だと思いますが、その対策は様々です。
日焼け止めはもちろん、日傘、帽子等。
それとは逆に男性は紫外線予防があまりないように思います。
この時期本当によく見るのは帽子です。最近の男性はおしゃれな人が多いので、違和感はありません。
しかし見た目はすごくおしゃれでも帽子を脱ぐと、あれ、毛が…という男の人が意外と多い気もするのです。

日差しが強いと日焼けだけでなく、熱中症にもなってしまうので、帽子というのはおすすめです。
しかし、その帽子をいつまで被っているのかにもよると思うのです。
仕事柄頭にタオルを巻いて作業をする人もよく見ます。汗が流れてこないのでとてもいいですね。
ただ私が気になるのは、その帽子の中やタオルの下はどれだけの熱がこもって、蒸しているのか…ということです。
おしゃれは素晴らしいですが、この時期ずっと帽子をかぶっている男の人は少し危ないのでは、と思います。
和歌山で評判の薄毛治療の病院の先生もおっしゃっていたのですが、汗をかく時期だからこそ通気性を良くしなければならないと思うのです。
室内に入ったら帽子をとり、なるべくタオルやハンカチなどで汗を拭き空気に触れる…。
たったそれだけでも薄毛防止になるのではないかと考えます。
それともう一つは、シャンプーも女性用を使用する人もいますが、男性と女性の頭皮は違うので、なるべく男性用のシャンプーを使うのも大事だと思います。

清潔感!の一言です。
意識している人は多いと思いますが、汗の処理の仕方は特に大事だと思います。
汗ふきシートなども十分に活用し、熱中症に気を付けて帽子やおしゃれを楽しんでほしいと思います。