また円形脱毛症…早く病院に行こう

不定期に円形脱毛症になることがあり、見た目も非常に困っていました。
現在40代前半の男ですが、初めて円形脱毛症になったのは小学生の時で、その後は高校時代、社会人になってからは30代中盤以降2~3年ごとに3度ほど症状が現れました。
場所は後頭部もしくは頭頂部の横あたりに500円玉程度の大きさで現れます。
大抵非常に強いストレスを抱えている時に現れ、隠すために気軽に散髪もいけなくなってしまい不潔な印象も与えてしまい困っていました。

円形脱毛症に気づいた時点からは、まずは髪を切らずに隠せる長さを保ちました。
3ヶ月くらい散髪をしないと不潔な印象を与えてしまうので、恥ずかしさはありますが、美容院にて円形脱毛症を隠せるくらいの長さをキープしてできる限りさっぱりと見える長さにしてくださいと対処していました。
3,4ヶ月経っても生えてくる気配がない場合は、皮膚科で受診して塗り薬、飲み薬をもらい対処しておりました。

最近では、職務に必要な資格を取得するよう会社に命じられ円形脱毛症になりました。
最初は本当に小さい指先分くらいの脱毛。本当にそこだけ毛根がないようにきれいに抜けました。
1つだった円形脱毛症も時間がたつにつれどんどん抜けている個所・面積が増え最終的には頭頂部に手のひら大の脱毛症が出来てしまいました。
何よりも困ったのは目立つ事です。幸い勤務中はヘルメットを被るので同僚にばれる事はありませんでしたが勤務時間外もいつもヒヤヒヤ。頭にタオルを巻いたり通勤時が帽子をかぶったりとにかく周囲にばれないように気を使いました。

資格取得を命じられた翌年、無事試験に合格し少しずつ生えてきました。
それまでの間はAGAの専門医クリニックを訪れプロペシアを処方してもらった事もありましたが私にはあまり効果はなく…。ストレスを少しずつ軽減することでまた生え始めたのかと思います。
しかし今でも仕事が忙しくなったり何か大きな仕事を任せられると全体的に薄くなるようです。
脱毛症とまではいきませんが頭皮が透けて見え、またしばらくすると復活するといった具合です。

円形脱毛症が現れて一番怖いのがそこからどんどん広がっていくんではないかという恐怖心があります。
円形脱毛症になるまでの多大なストレスに加え、なった後も周囲にばれたくない・隠したいという想いからさらにストレスをためる悪循環になります。
ですがストレスによる円形脱毛症の場合にはそのストレスが軽減されることによりまた生えてくる可能性が高いと実感しました。私も本当に大きな脱毛症でしたが今は完治しています。
いつか生える日は来ると思うので、それまでの間少しでもストレスを軽減できるよう生活したらよいのではないでしょうか。
経験上は病院で薬をもらえば生え揃うまでの時間は長短はありますが、これまで治ってはいるので、気づいたら早めに受診することをお薦めします。

PR|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|童話|女性向けエステ.com|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|JALカード|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|オーディオ|心の童話|

コメントは受け付けていません。